最も効果的なバストアップ方法

乳腺組織

バストの仕組みを知り、正しい方法で実践すれば、サプリを飲んだり、豊胸手術をすることなく、効果的かつ即効で胸を大きくすることができます。胸を大きくして貧乳から巨乳になりたい人は必見です。

バストアップに辛い努力や無駄な出費は必要ありません!


スマホを見ながら1日たった5分だけ〇〇をマッサージするだけで、誰でも理想のバストを手に入れることが出来ます。


乳腺組織

 

乳腺という言葉はバストアップ美容器の説明などでよく見かけます。

 

乳腺を刺激して大きくなる、乳腺刺激マッサージ、乳腺ホルモンなど、よく使われています。

 

女性の胸は10%が母乳を分泌する機能がある乳腺組織、残りの90%は皮下脂肪で出来ています。

 

妊娠によるバストアップは、乳腺組織が発達して起こるものです。

 

乳腺は、乳頭から放射状に15〜20個、まるっぽい固まりで並んでいます。

 

血管のような感じをイメージしていましたが固まりなんです!

 

その固まり一つを葉(よう)と呼び、一つ一つの葉(よう)は乳管で乳頭まで繋がっています。

 

乳癌の90%は、乳管から発生する乳管癌と呼ばれています。

 

乳癌は、30代から少しづつ増加して、50代がピークなので、バストに関心を持ち続けることは、とても良いことだと思います。

 

バストの大きさは、脂肪と筋肉の量で決まってしまうのかと思っていましたが、乳腺組織の発達も大きさを左右します。

 

乳腺組織の発育不良は、小さなバストの原因の一つで、女性ホルモンの不足から起こるようです。

 

乳腺をマッサージなどで刺激すると、女性ホルモンの分泌量が増えてバストアップする。

 

頭の中でイメージできるようになりましたか?

 


 
Copyright (C) 最も効果的なバストアップ方法 All Rights Reserved.