最も効果的なバストアップ方法

脂肪組織

バストの仕組みを知り、正しい方法で実践すれば、サプリを飲んだり、豊胸手術をすることなく、効果的かつ即効で胸を大きくすることができます。胸を大きくして貧乳から巨乳になりたい人は必見です。

バストアップに辛い努力や無駄な出費は必要ありません!


スマホを見ながら1日たった5分だけ〇〇をマッサージするだけで、誰でも理想のバストを手に入れることが出来ます。


脂肪組織

 

胸は、10%が母乳を分泌する機能がある乳腺組織、90%は皮下脂肪です。

 

脂肪組織とは、90%の皮下脂肪のこと全体のことで、内側から大胸筋筋肉、浅胸筋膜と重なり、乳腺組織を守るように、周りに集まったものが脂肪細胞です。

 

一番外側に皮膚があります。

 

脂肪細胞の働きは乳腺を守ることなので、乳腺が発達すると、乳腺を守ろうとする脂肪も増え、胸が大きくなります。

 

乳腺・脂肪組織は、女性ホルモンの分泌が活発になると発達するので、そのためのバストアップサプリが、たくさん販売されています。

 

サプリメントに頼らず、規則正しい食事、生活を心がけることも大切ですが・・・。

 

内側から大胸筋筋肉、浅胸筋膜と重なり、乳腺組織と周りの脂肪細胞で、一番外側に皮膚があります。

 

大胸筋筋肉は、胸全体を支える役目を果たして、浅胸筋膜は大胸筋筋肉の表面にあり、乳腺と結合します。

 

母乳を分泌する機能がある乳腺葉と、母乳が流れる乳管の乳腺組織を脂肪細胞が守ります。

 

一番外側の皮膚には、胸全体のカバー以外にも、バストを支える役目も果たしています。

 

表面の皮膚のケアをするだけでも、バストが垂れるのを防止できることがわかります。

 

胸をイメージした時の大きさ、張り、丸み、柔らかさなどは、脂肪細胞のことを指している場合が多く、とても大切な部分です。

 

胸の内側を知ることも、バストアップの第一歩です。

 


 
Copyright (C) 最も効果的なバストアップ方法 All Rights Reserved.