最も効果的なバストアップ方法

バストアップと魚介類の関係

バストの仕組みを知り、正しい方法で実践すれば、サプリを飲んだり、豊胸手術をすることなく、効果的かつ即効で胸を大きくすることができます。胸を大きくして貧乳から巨乳になりたい人は必見です。

バストアップに辛い努力や無駄な出費は必要ありません!


スマホを見ながら1日たった5分だけ〇〇をマッサージするだけで、誰でも理想のバストを手に入れることが出来ます。


バストアップと魚介類の関係

 

バストアップに効果のある栄養素を多く含む魚介類を紹介します。

 

○良質なタンパク質・・・細胞、ホルモンなどを形成する働き。

 

良質なタンパク質とは、アミノ酸スコアの高い食品(100が最高)

 

魚(あじ100・いわし100・にしん100・ぶり100・たら100・かつお100)

 

○ビタミンA・・・皮膚や粘膜を正常に保つ働き。

 

理想摂取量・1日成人男性(750μg)女性(600μg)

 

食品100g当たり

 

うなぎ(1500μg)・あなご(890μg)・ぎんだら(1100μg)・ほたるいか(1500μg)

 

○ビタミンB1・・・血液の流れを良くし、バストの発育を促してくれる。

 

1日男性(1.4mg)女性(1.1mg)

 

たらこ(0.77mg)・いくら(0.42mg)・すじこ(0.42mg)・めんたいこ(0.34mg)

 

○ビタミンB2・・・代謝の働きに関係するビタミン。

 

理想摂取量・1日男性(1.6mg)女性(1.2mg)

 

すじこ(0.61mg)・魚肉ソーセージ(0.60mg)

 

○ビタミンB6・・・ビタミンB2の皮膚・粘膜の健康を保つ働きを助けるビタミン。

 

1日男性(1.6mg)女性(1.2mg)

 

丸干いわし(0.68mg)・塩さけ(0.58)・するめ(0.34mg)・たらこ(0.27mg)

 

○ビタミンB12 ・・・たんぱく質の代謝に関係するビタミン。

 

1日男性(2.4μg)女性(2.4μg)

 

しじみ(62.2μg)・すじこ(53.9μg)・あさり(52.4μg)・いくら(47.3μg)

 

かき(28.1μg)・たらこ(23.3μg)・いかの塩辛(16.7μg)・あさりの佃煮(14.5μg)

 

煮干し(41.3μg)・いわし丸干(29.3μg)・いわし缶詰(18.0μg)・さんま(17.7μg)

 

○ビタミンCが、含まれている食品・・・ 細胞と細胞をつなぐコラーゲン(たんぱく質)の合成に必要。

 

1日男性(100mg)女性(100mg)

 

めんたいこ(76mg)・たらこ(21mg)・焼き海苔(210mg)

 


 
Copyright (C) 最も効果的なバストアップ方法 All Rights Reserved.