最も効果的なバストアップ方法

バストアップと成長ホルモンの関係

バストの仕組みを知り、正しい方法で実践すれば、サプリを飲んだり、豊胸手術をすることなく、効果的かつ即効で胸を大きくすることができます。胸を大きくして貧乳から巨乳になりたい人は必見です。

バストアップに辛い努力や無駄な出費は必要ありません!


スマホを見ながら1日たった5分だけ〇〇をマッサージするだけで、誰でも理想のバストを手に入れることが出来ます。


バストアップと成長ホルモンの関係

 

ホルモンとは、たくさんの種類があり、体内で作られ、体の組織や器官にからだの変化を促す、少量の物資のことです。

 

女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステン(黄体ホルモン)の2つのことです。

 

成長ホルモン(HGH)とは、脳の下垂体から分泌されるホルモンの一つで、子供から大人への体系の変化は、成長ホルモンの働きによるものです。

 

成長ホルモンの働きは、身長を伸ばしたり、筋肉や骨を作る、脂肪の代謝UP、若返り効果、老化防止、育毛効果などです。

 

成長ホルモンの分泌量は、幼年期から思春期にかけて多く分泌され、10代の分泌量が40代になると半分くらいになっています。

 

睡眠中の夜10時頃〜夜中の2時頃に、成長ホルモンは多く分泌されることから、寝る子は育つことになります。

 

睡眠中以外だと、運動の後にも多く分泌されます。

 

成長ホルモンが、減ってしまうと、疲れが取れない・回復も遅い・筋肉と骨の衰え・しわが目立つ・白髪が増える・視力低下免疫力低下・不眠・更年期障害などで、老化現象です。

 

胸が大きくなるのも、成長ホルモンの働きによるもので、小学校の低学年〜12歳前後が、最もバストが成長する時期です。

 

ある年齢になると、乳腺にラクトゲン受容体ができ、成長ホルモンが作用して胸が大きくなります。

 

ラクトゲン受容体ができる時期は、個人差があり、成長ホルモンが減少している時にラクトゲン受容体ができた人は、あまり胸が育ちません。

 


 
Copyright (C) 最も効果的なバストアップ方法 All Rights Reserved.